30〜40代の肌の特徴

成長ホルモンは20歳をピークに分泌されます。ということは、20歳を過ぎるとだんだん減少するということです。成長ホルモンはコラーゲンやエラスチンの分泌にも関与しているので、成長ホルモンが減少に伴いコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を維持する成分も減ってしまうのです。
また、肌の重要な保湿成分であるセラミドも加齢とともに減少します。はっきりと何歳からとは言えませんが、若いころと同じケアをしていても肌が乾燥したり、弾力が不足していると感じるようになったらそれは成長ホルモンが減ってきているという証拠です。いわゆる「年齢肌」というものですね。
年齢肌を感じるようになったら次は更年期による肌変化が始まります。今度は女性ホルモンのエストロゲンが減少を始めます。エストロゲンが減ってくるとコラーゲンやヒアルロン酸も減ります。そのためますます肌は弾力を失くしていきます。また、皮脂の分泌も減るのでさらに乾燥しやすくなります。
さらにホルモンバランスが乱れやすい生理前などは肌が敏感になる傾向にあります。この年代の女性で生理前に、乾燥+かゆみ・湿疹・にきびを経験する人は多いと思います。私たちの意識していないところで肌はどんどん変化するんですね。