10代半ば〜20代のための対策

ニキビ用化粧品か、はたまた乾燥肌用化粧品化を悩む前に洗顔を見直すことが最も大切です。
まずは洗いすぎを止めましょう。使っている洗顔料も油分をしっかり落とすものではなく、適度に油分が残るくらいのものにしましょう。ニキビ用の洗顔料は刺激が強すぎて乾燥を引き起こしやすいのであまりおススメ出来ません。だからといって乾燥肌用洗顔料は油分が多いのでこれまたニキビが悪化させてしまうのでダメですね。
おススメは弱酸性の洗顔料です。どうせ洗い流してしまうのだからアルカリ性だろうが弱酸性だろうがどちらも一緒。という説もありますが、やはり肌と同じ弱酸性が安心できるのではないでしょうか。さらに保湿成分のヒアルロン酸やイソフラボンが入っているものなら、尚良いですね。
洗う時もゴシゴシ洗わずにたっぷりの泡で洗ってあげるとニキビにも乾燥にも効果的です。洗顔方法を変えるだけでニキビと乾燥の両方の対策になるんです。洗顔料を見直したら、基礎化粧品も見直してみましょう。刺激の強すぎるものを使っていませんか?訳の分からない成分が入っているものを使ってはいませんか?成分表をチェックです。
それと、若い世代がつい見落としがちなのが紫外線対策です。紫外線はニキビや乾燥を招きます。「若いから平気♪」ではなく、紫外線用の対策もしっかりと行いましょう。