10代半ば〜20代の肌の特徴

10代半ばの肌は、子供肌から大人肌になるちょうど中間地点ぐらいですね。この頃は体の変化とともにホルモンが大きく乱れます。ホルモンの乱れは肌にも影響を与えます。ニキビなんかが一番の特徴ではないでしょうか。ホルモンの乱れは皮脂をたくさん分泌させるのでこの時期はオイリー肌になりがちです。
そうなると乾燥肌とは無縁のような感じもしますが、意外とこの世代でも乾燥肌の人は多いのです。乾燥しているのにニキビが出来るって人多いんじゃないですか。
その原因はずばり「洗いすぎ」です。
ニキビを防ごうと洗浄力の高い洗顔料で一日に何回も洗顔をしていると必要以上に水分と油分を失ってしまいます。失った油分を補おうと肌はいっぱい皮脂を分泌します。そのことが悪因となってニキビは増えてしまいます。この頃のニキビはTゾーンに集中して出来ます。その部分の皮脂が多いということですね。
それに対し他の部分は皮脂の分泌が少ないので、洗いすぎると皮脂が足りずにカサカサになってしまうのです。これが、ニキビと乾燥の共存の原因です。
こうなってしまうと、乾燥肌用の化粧品を使えばいいのかニキビ用の化粧品を使えばいいのか判断が難しくなります。さて、どうしたらよいのでしょう?